New arrivals

Archive

gd1

 

 

BL ゴールドコート

 

当該研究所による独自のナノテクノロジーが、遂に純度100%のK24… つまりは本物の『金』そのものを液体に変化させる事に成功。短時間にてその基材表面に金特有の美しい意匠性、又は高級質感の付与を可能とした、世界初のゴールドコート塗装処理システムを確立しました。焼き付け釜などの大掛かりな設備や特別な装置、また熟練の技を要する事なく、スプレーや刷毛などの手軽な手法により、金による表面加工、また金による様々な表現が可能です。更には、作業工程も大幅に簡略化がなされており、特に常温にての完全乾燥を実現したのもこのBLゴールドコートの大きな魅力の一つだと言えます。また金特有の展性・延性 ( 線状に延ばすと、1グラムの金で約3000メートルになり、広げると0.5平方メートルにもなる ) の性質を損なう事の無い設計となっておりますので、コストパフォーマンスにおいても大変優れた塗装処理システムであると言えます。塗れば、そこは本物の金の輝き。。。世界初となるこの新技術を、お役立て頂ければ幸いです。
◯ 特許取得済
◯ 安全データシート (SDSシート) 添付可能です。

 

 

概要

 

BLゴールドコートとは、最先端のナノテクノロジーにより『純金 : K24』そのものをナノ粒子化 ( 1ナノメートル=0.000000001メートル / 1mの10億分の1 ) させ、極々微細な金の粒子による金膜を形成する事を可能とした特殊塗料です。また金特有の展性・延性も見事に反映され、極々少量にての施工を可能 ( 標準膜厚は僅か0.2μm以下 ) とした、世界初・最先端の特殊塗料システムです。

特徴

◯ スプレーガン / エアブラシ / 刷毛塗り等、従来の塗装装置で塗装可能。
◯ 完全常温乾燥タイプですので、大掛かりな焼き付け用の設備は不要です。
◯ 金特有の展性・延性の性質に優れ、極々少量にての施工が可能です。
◯ 専用プライマー、およびトップコートは水性ですので、作業環境性に優れます。

膜厚

◯ 金色に発色をした際の標準膜厚は、僅か0.2μm以下。これは一般的な金箔とほぼ同じ厚みとなります。

施工面積 : 金特有の展性・延性に関して

例えば以下写真の小皿にBLゴールドコートを施工した際に要したゴールドの滴数を記載致します。

 

1 ) 大きさ : 直径70mmの小皿。
2 ) 施工方法 : エアーブラシを使用。
3 ) 使用したゴールドコートの量 : スポイトで採取し、僅か3滴!!

 

gl2 2

 

 

素材適合

良好素材

◯ 鋼板 / アルミ / 陶器 / 木材 / ポリカ / PET / 塩ビ / ABS等。

やや良好素材

◯ 銅 / ガラス / アクリル等。

不適合素材

◯ ステンレス / FRP / ブリキ等。

 

 

BLゴールドコートの施工方法

 

BLゴールドコートは薄膜の為、仕上がった塗膜表面には塗装基材の下地の状況 ( 小傷や磨き傷 / 施工面の平滑性 / 鏡面仕上げの状況、等々 ) がそのまま反映されます。付きましては下地造りには細心の注意を払われる事をオススメ致します。また、施工の際は、塗装面の、油・水分・湿気・じんあい・その他、有害な付着物を完全に除去して下さい。以下、BLゴールドコートの施工に関しまして、2通りの塗装方法をご案内致します。

 

◯ 施工方法その1 : 焼き付け // 塗膜強度 : 弱 | 塗膜密着力 : 弱 | ゴールド輝度 : 100%
◯ 施工方法その2 : トップコート施工 // 塗膜強度 : 強 | 塗膜密着力 : 強 | ゴールド輝度 : 80%

 

 

施工方法その1 : 焼き付け

ゴールド輝度 : 100% | 塗膜強度 : 弱 | 塗膜密着力 : 弱

ゴールドを焼き付ける事により、BLゴールドコート本来の輝きを100%発揮させる施工方法となります。但し、こちらの施工方法では、ゴールドの塗膜の上にトップコートの施工は行いませんので、塗膜強度及び塗膜密着力が微弱となります。
◯ BLゴールドコート本来の輝きを100%発揮させる事が可能です。
◯ 塗膜強度、並びに塗膜の密着力は弱力となります。
◯ 施工後、人の手が触れぬ、美術品・装飾品・仏具等々の施工に適しております。
◯ 経年による金の色味の変色に関しては従来の金箔と同等とお考え下さい。

 

[ 焼き付け : 施工方法 ]

 

( 1 ) 施工基材表面を鏡面にし、脱脂を完全に行う。

 

( 2 ) BLゴールドコート専用のプライマーを塗布。
◯ スプレーガンやエアーブラシを使用して塗布。また筆塗りやローラーでも施工可能です。
◯ 膜厚 : 5〜10μ程度にて。
◯ 常温にて乾燥 ….. 夏 : 10〜15分 | 春秋 : 20〜40分 | 冬 : 1〜2時間。
◯ 指で触り、多少のベトつきを感じる所で、ゴールドの施工に移ります。

 

( 3 ) BLゴールドコートを施工。
◯ ゴールドコートは、希釈をしないで使用して下さい。
◯ 適量を、スプレーガンやエアーブラシにて施工。また、筆塗りでの施工も可能です。
◯ 常温にて乾燥 ….. 夏 : 30〜60分 | 春秋 : 1〜2時間 | 冬 : 3〜4時間。
◯ その後、焼き付け作業を行う : 100℃〜200℃ / 6〜10時間 ( 施工基材により異なります ) 。
◯ 焼き付け作業は、乾燥炉 / 赤外線ヒーター / ヒートガン等で行って下さい。
▷ 熱を加えて頂く事により、密着力を高めより豊かな発色を得る事が出来ます。

 

 

施工方法その2 : 焼き付け & トップコート

ゴールド輝度 : 80% | 塗膜強度 : 強 | 塗膜密着力 : 強

BLゴールドコートに強靭な塗膜強度、並びに密着力を付与させる際の施工方法です。但し、ゴールドの塗膜に保護用のトップコートを施工する為、ゴールド本来の輝度は大凡20%程減衰致します。この施工方法はトップコートに着色用のカラー ( ゴールド主剤液 / 顔料等 ) を混ぜる施工方法でありまして、結果、最終的なゴールドの発色を自由に調整する事が可能です。

◯ 光の屈折率の影響により、トップコートをそのまま施工すると緑ががったゴールドの発色となります。
◯ そこでBLゴールドの主剤を極々少量トップコートに混ぜ、完成面の色味の調整を行います。
◯ トップコートが完全に硬化した後、超微粒子コンパウンドにて施工面を磨き上げる事が可能です。

 

[ 焼き付け & トップコート : 施工方法 ]

 

( 1 ) 施工基材表面を鏡面にし、脱脂を完全に行う。

 

( 2 ) BLゴールドコート専用のプライマーを塗布。
◯ スプレーガンやエアーブラシを使用して塗布。また筆塗りやローラーでも施工可能です。
◯ 膜厚 : 5〜10μ程度にて。
◯ 常温にて乾燥 ….. 夏 : 10〜15分 | 春秋 : 20〜40分 | 冬 : 1〜2時間。
◯ 指で触り、多少のベトつきを感じる所で、ゴールドの施工に移ります。

 

( 3 ) BLゴールドコートを施工。
◯ ゴールドコートは、希釈をしないで使用して下さい。
◯ 適量を、スプレーガンやエアーブラシにて施工。また、筆塗りでの施工も可能です。
◯ 常温にて乾燥 ….. 夏 : 30〜60分 | 春秋 : 1〜2時間 | 冬 : 3〜4時間。
◯ その後、焼き付け作業を行う : 100℃〜200℃ / 6〜10時間 ( 施工基材により異なります ) 。
◯ 焼き付け作業は、乾燥炉 / 赤外線ヒーター / ヒートガン等で行って下さい。
▷ 熱を加えて頂く事により、密着力を高めより豊かな発色を得る事が出来ます。

 

( 4 ) トップコートを施工。

BLゴールドコートの主剤を、少量トップコートに混ぜて下さい : 赤く発色します。
▷ 混ぜて頂くゴールドの主剤が少ないと、最終的な発色が緑ががった色となりますのでご注意下さい。
▷ 発色の状況を見極めつつ、混ぜて頂くBLゴールドコートの主剤の量を調整して下さい。
▷ 推奨させて頂きます調合色に関しては、下記サンプル写真をご参考にして下さい。
▷ 緑の反対色として、赤や紫の顔料をご使用頂く事も可能です。

 

◯ 希釈率 / トップコート : 水 = 1 : 1 に希釈。
上記溶液に、少量のBLゴールドコートを混ぜる / 赤味を帯びた色に変化します。
◯ スプレーガン、またはエアーブラシを使用して塗布。
◯ 希釈によりトップコートは垂れやすい状態となりますのでご注意下さい。
◯ 薄塗りにて適宜、希望の発色及ぶ膜厚になる迄塗り重ねます : 最低5回以上。
◯ 常温にて乾燥 ….. 夏 : 2〜3時間 | 春秋 : 3〜4時間 | 冬 : 6〜7時間。
◯ 焼き付けの場合 : 80℃〜100℃ にて 5〜10分程度。
◯ 焼き付け作業は、乾燥炉 / 赤外線ヒーター / ヒートガン等で行って下さい。
◯ トップコートが完全に乾燥した後、超微粒子コンパウンドにての磨きの作業も可能です。

 

[ 下記写真 : トップコートにBLゴールドコートを少量混ぜた時の色です ]

 

gd5

 

 

BLゴールドコート・キット ¥74,600(税別)

 

◯ BLゴールドコート : 10cc / 専用プライマー : 100g / 専用トップクリアー : 100g のキットです。

 

[ 施工可能面積目安 ]
1 ) 直径70mm小皿 / エアーブラシを使用 : この際、使用したゴールドコートは、スポイトにて3滴。
2 ) 刷毛塗りで、A4 3枚を塗りつぶす事が可能です。

 

gd1

 

>> オーダー

 

 

BLゴールドコート : 10cc 単品 ¥68,000(税別)

 

◯ BLゴールドコート単品。内容量は10ccとなります。

 

gl3

 

>> オーダー

 

 

BLゴールドコート専用プライマー : 100g ¥2,800(税別)

 

◯ レベリング (平滑) 性能に優れたBLゴールドコートの専用プライマーです。

 

sssr963-1

 

>> オーダー

 

 

BLゴールドコート専用トップコート : 100g ¥3,800(税別)

 

◯ BLゴールドコート専用のトップコートです。

 

dddf333

 

>> オーダー

 

 



 

 

BLゴールドコート : 取り扱い上の注意

施工上の注意

1. 他の塗料との混合は避けて下さい。
2. 下記のような場合は原則として塗装は避けて下さい。
■ 塗装後24時間(23℃)以内に降雨の恐れのある場合
■ 強風時、塵埃などが付着する恐れのある場合
■ 気温5℃以下、湿度80%以上の場合
■ 被塗物や気温が異常に高温の場合
3. 極端な厚塗りはクラックやワレの原因となりますので、溜まりを作らないように塗装して下さい。
4. 塗装は速やかに行ってください。長時間放置すると目詰まり塗りムラの原因となります。
5. 膜厚は指定された範囲内になるよう管理して下さい。
6. 塗料は冷暗所に保存して下さい。本塗料は空気中の水分と反応する性質がありますので、ご使用後は密栓して下さい。
7. 基材が雨などで濡れている場合は施工を控えて下さい。

注意事項

1. 表示の用途以外に使用しないで下さい。
2. 目に入ったり、皮膚に付着しないよう、また誤飲しないように注意して下さい。
3. 塗装中、乾燥中とも換気をよくし、その後も塗料の臭いがなくなるまでは換気して下さい。
4. 塗料がついても支障がない服装で作業して下さい。
5. 塗るときおよび塗った塗料が乾くまでの間も、5℃以下にならないような時間に塗って下さい。
6. 素材に密着することを確認してから塗って下さい。
7. 塗り面積・乾燥時間は、色・素材・塗り方・気象条件などにより多少異なります。
8. 容器は塗料を使い切ってから捨てて下さい。
9. 塗料の使用残や廃液の処理はSDS(安全データシート)に従って下さい。
10. 乾燥時に有機ガスが発生しますので換気、排気を十分に行って下さい。
11. 可燃性の有機溶剤を使用しているため火気のある所では使用しないで下さい。
12. 皮膚/粘膜、特に眼等に刺激性がある為接触しないよう十分注意して下さい。接触した場合は多量の水で洗浄して下さい。
13. 詳細な内容については、製品のSDSをご参照下さい。
14. 幼児の手が届かないところに保存し、子供が誤飲・誤食・いたずらをしないように注意して下さい。
 
 

お問い合わせ

 

BAD LAND
〒212-0055 神奈川県川崎市幸区南加瀬4-18-1
TEL 044-587-3139 / FAX 044-580-3431 / e-mail : info@badland.net
 
◯ ご不明な点などございましたら、お気軽に弊社までご連絡下さい。
◯ お取扱店様、募集中です。 詳細など、お気軽にお問い合わせ下さい。
 
 

Recommend News